雑誌読み放題比較ランキング_楽天マガジン・dマガジン・ブック放題

こんにちは、雑誌読み放題サービスを10社以上使い比べているパンダです
どうも、最近便利さに気付いたトリです

雑誌読み放題サービスを使ってみたいけど、いろいろあって結局どこがいいのか分からない…
いちばん使いやすい雑誌読み放題はどこ?

そんなギモンに答えるべく、雑誌読み放題サービスを選ぶときに押さえておきたいポイントや各雑誌読み放題サイトの特徴をまとめて比較しました。

今や雑誌もサブスクで自由にたくさん読めるのが当たり前。
たくさんの選択肢の中から「あなたに最適な雑誌読み放題」を選ぶための参考にしてください!

初めての人にもおすすめの雑誌読み放題ランキングTOP3

実際に雑誌読み放題アプリを使い比べてみると、使い心地や取り扱い雑誌に違いがあるのが分かります。

その中で「初めてなんだけど、どの雑誌読み放題を選べばいい?」という人に自信をもってオススメできる3つの雑誌読み放題サービスをピックアップしました。

【1位】楽天マガジン

楽天マガジンロゴ・バナー

雑誌読み放題を最安値で楽しめるのが楽天マガジンです。
幅広いジャンルの有名雑誌をほぼ網羅しており、安くても雑誌の品ぞろえがよくコスパが高いのが魅力的です。

便利な機能満載でありながらもシンプルなアプリで使いやすく、雑誌読み放題サービス初心者でもすぐに好きな雑誌を楽しめます。

比較的ニッチな趣味ジャンルの雑誌や、旬のトピックの情報がギュッと詰まったムックも多く揃っており、年代性別を問わず、雑誌読み放題の良さを満喫できるサービスです。

僕は楽天経済圏の人なので特に楽マガ推し
▲ 31日間0円でおためし ▲

【2位】dマガジン

dマガジンバナー

dマガジンは、NTTドコモが提供している雑誌読み放題サービスです。ドコモユーザーでなくても、dアカウントに登録すれば誰でも利用できます。

1位の楽天マガジン同様、書店に平積みされているような人気雑誌はもちろんのこと、幅広いジャンルの雑誌やムックを取り揃えています。

各雑誌から記事単位でピックアップした特集やランキングがあり、今話題のトピックや好きな芸能人、好きなスポーツなど興味のある記事を横断的にナナメ読みしやすいのが特徴です。

検索機能が使いやすいのもdマガジンの強みです!

▲ 31日間0円でおためし ▲

 【3位】ブック放題

ブック放題

雑誌だけでなくマンガも楽しめるのがブック放題です。

雑誌の取扱数でいうと業界双璧の楽天マガジン&dマガジンにやや劣るものの、マンガも読めることに魅力を感じるなら、ブック放題も候補としてチェックしておきたいサービスです。

ただし、取り扱いマンガの品ぞろえは旧作中心なので、最新のメジャーなコミックが読みたい人には不向きかもしれません。

俺はマンガの品ぞろえをチェックするつもりで無料おためしをしてみたら、ブック放題の沼にハマったんだ…

ああ…読みたいマンガが見つかったんですね…

▲ 31日間0円でおためし ▲

雑誌読み放題を満喫したいなら、この3つの中から選べば間違いナシ!

その他サービスの特徴はこちらでまとめていますが、ざっくりタイプ別におすすめのサービスを挙げると以下の通りです。

タイプ別おすすめ

  • 雑誌を快適に楽しみたい
    → 楽天マガジン、dマガジン
  • 雑誌数が重要!
    →タブホ、ひかりTVブック
  • マンガも楽しみたい
    → ブック放題、KindleUnlimited
  • 書籍も楽しみたい
    → KindleUnlimited、ブックパス
  • 動画サービスメインで雑誌も読めたら嬉しい
    → U-NEXT、FODマガジン

自分に最適な雑誌読み放題を選ぶための比較ポイント3つ

雑誌読み放題サイトを選ぶとき、チェックしておきたい点が3つあります。

  • 取り扱い雑誌の数より品ぞろえ
  • 料金にお得感があるか
  • アプリは使いやすいか

これだけおさえておけば、あなたにピッタリの雑誌読み放題が見つかりますよ。

それぞれのポイントを簡単に説明します。

雑誌数の多さよりも「自分の読みたい雑誌があるか」

雑誌読み放題サービスが乱立する中、どこも競うように取り扱い雑誌数が増え続けています。

でも、いくら取り扱い数が多くても、あまりにもマイナーな雑誌や絶対に自分が読まないであろう雑誌が多ければ、あまり意味がありません。

公式発表の「取り扱い雑誌数」はカウントの仕方がサービスごとに違うから、あくまで参考程度にチェックすればいいよ

重視したいのは、単純な「取り扱い雑誌数」よりも「自分が読みたい雑誌・ジャンル」の充実度です。

普段必ずチェックしている雑誌があれば、その雑誌タイトルが扱われているかまず確認してみましょう。(どの雑誌読み放題サービスも登録前に取り扱い雑誌を確認できます)

これだけは読みたい!という雑誌が特にない場合は、自分の好きなジャンルの雑誌がどれくらい充実しているかを見てください。

月額料金はお得感があるか

多くの雑誌読み放題は月額400~500円前後です。

紙の雑誌を1冊買うよりも安い値段でたくさんの雑誌を読めるので、雑誌好きにとっては嬉しいですよね!

最安値は楽天マガジンの[楽天マガジン税込価格]です!

中には雑誌だけでなく、書籍やマンガ、動画といった、雑誌以外のコンテンツも楽しめる雑誌読み放題サービスもあります。
そういった+αのサービスがあるところは金額で見ると少しお高めの設定です。

ほかにも「動画配信が主力で、+αの特典として雑誌も少し読めますよ」というサービスもあります。
その場合は取り扱い雑誌は多くありませんが、その中に好きな雑誌があれば十分満足できますし、逆にもっと「読み放題」を満喫したい人にとっては不向きです。

サービス内容が自分にとって必要なものか、全体的に考えてお得感があるかを重視しましょう。

アプリの機能・使いやすさをチェック

ページをめくる、拡大する、といった雑誌を読むための基本操作はどのアプリでもほぼ共通です。

雑誌読み放題比較ランキング_アプリの機能・使いやすさをチェック

それならどこのサービスを選んでも同じように思えるかもしれませんが、実際に使ってみるとそれぞれのアプリごとに機能や使い勝手はけっこう違います。

ちょっとしたボタンの配置や挙動の違いがストレスに感じることもあります…
人によって操作の満足度をどこに求めるかは違うからね

アプリの特徴や使い勝手を試すのに便利なのが、ほとんどの雑誌読み放題サービスにある「無料おためし期間」です。

アプリの機能が盛りだくさんであれば良いわけではなく、実際に使ってみてストレスがないのがベスト。

  • お目当ての雑誌を探しやすいか
  • ページの表示速度はどうか
  • お気に入り雑誌を自動でダウンロードできるか
  • 気に入った記事やページを保存できるか
  • 読みかけの雑誌を複数デバイスで共有できるか
  • オフラインで読めるか

……などなど、自分にとって便利な機能が過不足なく揃っているかどうかが大切です。

無料おためし期間を上手に活用して、使い心地に満足できるか試してみましょう。

雑誌読み放題サービスの特徴・比較

ここでは、実際に使ってみた主要雑誌読み放題サービス10社の特徴をまとめました。

スマホから見てる人は横にスクロールして見てね
料金
(税込)
雑誌数おためし特徴
楽天マガジン楽天マガジン418円600誌以上
31日間
メジャー雑誌を網羅
趣味系ジャンルが充実
業界最安値
dマガジンdマガジン440円500誌以上
31日間
主要雑誌を網羅
スポーツ月刊誌が豊富
記事検索が便利
ブック放題ブック放題550円350誌以上
1ヶ月
旅行・グルメ系多め
るるぶの品ぞろえ良し
マンガ読み放題あり
ブックパスブックパス418円~300誌以上
30日間
主要雑誌を網羅
マンガや書籍も40,000冊以上
アプリがイマイチ
タブホタブホ550円900誌以上*
24時間
*900誌のうち800誌近くは
るるぶやムックが占める
多くの雑誌の配信が1号遅れ
kindle unlimitedキンドル
アンリミテッド
980円不明
30日間
メジャー雑誌は少なめ
同時保存は10冊まで
書籍メインで読む人向け
U-NEXTU-NEXT2,189円70誌以上
31日間
雑誌の取り扱い数は最小
あくまでも動画のオマケとして
FODマガジンFODマガジン976円~100誌以上
1ヶ月
動画をよく見る人の
オマケサービスとして
ひかりTVブックひかりTVブック550円~900誌以上*
なし
タブホのシステムを利用
若干安いものの配信の遅さや
お試しのなさが……
料金
(税込)
雑誌数おためし特徴

※ 2021年5月現在の情報です

 

楽天マガジン

楽天マガジン

楽天マガジンは業界最安値を誇る雑誌読み放題サービスです。

楽天マガジンでは月額418円、年額プランなら3,960円/年(月額換算330円)でメジャーな雑誌や幅広い趣味の雑誌の最新号が楽しめます。

どの雑誌読み放題でも、どんどん雑誌取扱数が増え続けており、品揃えの面ではほとんど差がなくなってきている中、最安値で雑誌を好きなだけ読めるのは嬉しいポイントです。

楽天ポイントでの支払いも可能なので、楽天ヘビーユーザーには特にオススメ。

買い物で貯まったポイントで雑誌を読めるのがイイんだよね

専用アプリは初めてでも直感的に使えるシンプルな作りなのも◎です!

運営会社楽天モバイル(株)
月額料金418円(税込)
取り扱い雑誌600誌以上
端末台数スマホ・タブレット5台+PC2台まで
おためし初回31日間無料
こんな人に
オススメ
いちばん安く、メジャーな雑誌を読みたい人
初めて雑誌読み放題サービスを利用する人
楽天市場ユーザー(楽天ポイントが使える)

 

dマガジン

dマガジン

dマガジンは、月額440円(税込)で500誌以上の人気雑誌最新号が楽しめ雑誌読み放題サービスです。

雑誌ごとのランキングや新着情報はどの雑誌読み放題サービスにもありますが、記事単位でのランキングやピックアップから読みたい記事を探しやすいのはdマガジンの強み。

たくさんの雑誌をめくらなくても興味のあるカテゴリーやジャンルの情報を一気にナナメ読みできて便利です。

紙の雑誌ではできなかった、デジタルならではの雑誌の楽しみ方ができます!
運営会社(株)NTTドコモ
月額料金440円(税込)
取り扱い雑誌500誌以上
端末台数スマホ・タブレット5台+PC1台
おためし初回31日間無料
こんな人に
オススメ
アプリ操作や検索に慣れている人
幅広く情報収集を楽しみたい人

 

ブック放題

ブック放題バナー

ブック放題は、ソフトバンク系列の「ビューン」運営による雑誌読み放題サービスです。

月550円で約350誌の最新雑誌が読み放題のほか、マンガ30,000冊以上読めるのが特徴です。

雑誌のみで考えると、楽天マガジン、dマガジンの品ぞろえに比べ価格のバランスが合わない印象ですが、雑誌とマンガの両方を楽しめることに魅力を感じるなら試してみる価値はあります。

マンガの品ぞろえは旧作中心。

  • ハーレクインシリーズ
  • 将太の寿司
  • Dr.コトー診療所

ほか、たくさんの名作をまとめ読みできます。

最新のメジャーなコミックが好きな人には不向きですが、好きなジャンルなら旧作でも楽しめる人や懐かしいマンガが刺さる年代には嬉しいサービスです。

運営会社(株)ビューン(Softbankグループ)
月額料金550円(税込)
取り扱い雑誌350誌以上
端末台数スマホ・タブレット・パソコン
おためし初回1ヶ月間無料
こんな人に
オススメ
旅行・グルメジャンルの品ぞろえ重視の人
旧作マンガをたくさん読みたい人

 

ブックパス

ブックパスバナー

au公式の電子書籍ストアとして「ブックパス」です。
登場当時はauユーザー向けのサービスでしたが、現在はauユーザー以外でも利用できるようになりました。

  • 雑誌だけが読み放題のマガジンプラン 月418円
  • 雑誌+マンガ、写真集なども読める読み放題プラン 月562円

のふたつのプランから好みに応じて選べます。

雑誌の取り扱い数やメジャー誌の比率を考えるとコスパが良いのですが、使い心地の面でややストレスがあるのがマイナスポイント。

ブックパスは読み放題サービスと電子書籍ストアを兼ねているため、読み放題で読めるものと電子書籍として単品購入できるものがごちゃ混ぜに表示されており、パッと分かりにくて使いづらいのです。

あっ、この雑誌あるんだ!と思ったら読み放題じゃなかった時ガッカリする…

基本的なコスパはよいですし、読みたいものがあれば躊躇なく課金!というタイプであれば問題ないかもしれません。

運営会社KDDI(株)
月額料金雑誌のみ:418円(税込)
+書籍・マンガ・写真集等:618円(税込)
取り扱い雑誌300誌以上
端末台数スマホ・タブレット・パソコン(最大5台まで)
おためし初回30日間無料
こんな人に
オススメ
幅広い雑誌を安く楽しみたい人
旧作マンガや書籍、写真集など色々な電子書籍を楽しみたい人

 

タブホ

タブホバナー

タブホは月額550円で雑誌が読み放題の株式会社オプティムのサービスです。

公式発表によると900誌以上が読み放題となっており、雑誌読み放題サービスの中でも品ぞろえがトップレベル……ただし、そのうち700~800誌程度は「るるぶ」や「じゃらん」などの旅行情報誌、エイ出版社などの「ムック」、絵本などが占めています。

無料お試しは24時間(アプリからの利用のみ、PCブラウザからは不可)。
旅行好き、料理好きなら読みたい雑誌がたくさん見つかります。

コスパや使い勝手は悪くないものの、雑誌読み放題サービスとして致命的なのが配信の遅さです。

他の雑誌読み放題サービスの場合、ほとんどの雑誌は発売日と同時にアプリで公開されますが、タブホでは「最新号が出るたびに数日以内に1号前を公開」されるシステムになっています。

つまり、最新号が公開されるのは発売から1ヶ月後。
旬の情報を今スグ手に入れたい人には不向きです。

運営会社(株)オプティム
月額料金550円(税込)
取り扱い雑誌900誌以上
端末台数スマホ・タブレット・PC(最大3台まで)
おためしアプリからのみ24時間無料
こんな人に
オススメ
旅行雑誌やムックをたくさん読みたい人
配信日にこだわらない人

 

キンドル・アンリミテッド

Amazon_Kindle Unlimited_アマゾン キンドルアンリミテッド

Amazonの電子書籍Kindleストアのオプションサービスです。
月額980円で12万冊以上の雑誌、マンガ、書籍が読み放題で楽しめます。

どちらかというと書籍メインで、雑誌の品ぞろえでいえば180~200誌程度。
ムックや各誌バックナンバーもあるものの、他の雑誌読み放題サービスに比べると有名誌は少なめなので、活字ファンかつ雑誌も少し読めたらいいな、という人向きです。

kindleアンリミテッドには10冊までしか同時に保存できないので、読みたい本や雑誌があれば次々に入れ替える必要があります。

また、Amazonプライム会員特典として無料利用できるPrime Reading(プライムリーディング)でも書籍や雑誌を楽しめます。ただし、対象雑誌の品揃えはほかの雑誌読み放題サービスには劣るので、雑誌を思い切り楽しみたい人向きではありません。

運営会社アマゾンジャパン(同)
月額料金980円(税込)
取り扱い雑誌180誌以上
端末台数スマホ・タブレット・PC・Kindle端末6台まで
おためし30日間無料
こんな人に
オススメ
活字・書籍を中心に読みまくりたい人
雑誌はそこそこ楽しめれば良い人

 

U-NEXT

U-NEXT_ユーネクスト

動画配信サービスとして有名なU-NEXTの会員特典として雑誌や書籍、コミックといった電子書籍が読めるサービスが付いています。

90,000本以上の映画ドラマ・アニメ・バラエティ番組・アダルトコンテンツなど見放題に加えて電子書籍も読めるのが魅力です。

雑誌の品ぞろえは約70誌と少なめで、バックナンバーの取り扱いはなし、あくまでも「動画サービスのオマケ」な立ち位置ではありますが、もともと映画や動画をよく見る人で、雑誌に重きを置いていないのであれば、この特典サービスで満足できるかもしれません。

運営会社(株)U-NEXT
月額料金2,189円(税込)
取り扱い雑誌70誌以上
端末台数スマホ・タブレット・PC
おためし31日間おためし無料
こんな人に
オススメ
動画を楽しむついでに雑誌などの電子書籍を楽しみたい人

FODマガジン

FODマガジン_フジテレビオンデマンド

FODマガジンはフジテレビ オン デマンドの月額サービスです。

フジテレビ系列のドラマ、バラエティ番組、海外ドラマ、映画、アニメなど2,000作品以上が見れるFOD動画サービスの無料特典として雑誌読み放題のFODマガジンが付いてくるため、メインコンテンツは動画です。

取り扱い雑誌は約100誌、バックナンバーは取り扱っていません。

また、ダウンロードができないので外で雑誌を読みたい場合は不向きです。

雑誌読み放題サービスとしては品ぞろえや使い勝手がイマイチですが、動画サービスのオマケとして軽く楽しみたい人なら使ってみる価値はあります。

運営会社株式会社フジテレビジョン
月額料金976円~(税込)
取り扱い雑誌100誌以上
端末台数スマホ・タブレット5台+PC1台
おためし初回1ヶ月間無料
こんな人に
オススメ
雑誌読み放題初めての人
幅広く情報収集を楽しみたい人

 

ひかりTVブック

ひかりTVブック

NTTぷらら「ひかりTVブック」のオプションとして存在する雑誌読み放題サービスです。

タブホのサービスを利用しているため、使い勝手や品ぞろえはタブホと同じで、最新号が出るたびに1号前を公開」されるシステムになっています。

ひかりTV関連のサービスを使っている、NTTぷららのプロバイダを使っているなど、すでにNTTぷらら関連のサービスを利用中であれば使ってみてもよいですが、敢えて登録するほどではないかもしれません。

運営会社(株)NTTぷらら
月額料金550円~(税込)
取り扱い雑誌800誌以上
端末台数
おためしなし
こんな人に
オススメ
雑誌読み放題初めての人
幅広く情報収集を楽しみたい人

 

Tマガジンは2020年8月31日をもってサービスを終了しました

Tマガジン車ジャンル

Tマガジンは、2020年8月31日に無料サービスを含む全サービスが終了となりました。

dマガジンや楽天マガジンと比べると、雑誌の品ぞろえにはやや偏りがあったものの、車やバイク関連の雑誌が豊富で、アダルト雑誌や一部マンガ雑誌が読める、といった特色のある雑誌読み放題サービスでした。

俺が初めて使った雑誌読み放題はTマガジンだった…今までありがとうTマガジン…

これまでTマガジンを利用していた人が別サービスに乗り換える場合、どの雑誌読み放題がいいか?についてはこちらの記事にまとめています。

関連記事
Tマガジン乗り換え
Tマガジン有料サービス終了のお知らせ|乗り換えるならどの雑誌読み放題?

Tマガジンは2019年5月から開始した比較的新しい雑誌読み放題サービスでしたが、2020年8月いっぱいでサービスの提供が終了となりました。 愛用してたのにー!!なんでなんだーーー!!! 急だったしビッ ...

続きを見る

 

雑誌読み放題で自由に雑誌を読みまくろう!(まとめ)

それぞれの特徴はなんとなく掴めたものの結局どこにしようか迷う…という人も、どれかまずひとつ実際に登録してみましょう。

雑誌読み放題サービスは約1ヶ月無料で試せるところがほとんどです。

操作性の良さやアプリの重さなど、実際に使ってみて分かることも多いので、無料期間中に機能や品ぞろえを試しつつ、満足いくかどうか試してみるのがオススメ。

お試しする際に覚えておきたいポイントは以下の5つです。

  • 自分の読みたい雑誌、好きなジャンルの品ぞろえを確認
  • アプリの使い心地にストレスがないかチェック
  • お試し期間終了後は自動的に課金される
  • 退会するときはアプリを消すだけでなくサイトから退会手続きが必要
  • 解約するとダウンロードした雑誌も読めなくなる

雑誌読み放題サービスを使えば、紙の雑誌を1~2冊買うお金で何十冊、何百冊という雑誌を楽しめます。

コンビニや書店に買いに行かなくても、いつでも手元のスマホでダウンロードできますし、紙の雑誌のように部屋に溜まっていくことも紐で縛って処分する手間もありません。

まずは無料お試し期間を使って、実際にアプリで雑誌を読んでみましょう。

雑誌読み放題サービスで手軽にたくさんの雑誌が読める楽しみをゲットしてみてくださいね!

最後にもう一度おすすめTOP3をチェック!
\\ この中から選べば間違いナシ! //
dマガジンdマガジン

検索機能が
便利

楽天マガジン楽天マガジン

最安値で
バランス良し

ブック放題ブック放題

旧作マンガ
も読める

 

Copyright© a-works, 2021 All Rights Reserved.