その他情報

色々な住み込み労働の仕事は家族に会える?期間工・リゾートバイトの場合を解説

住み込み 仕事 家族

住み込みの仕事というと、どのようなものをイメージするでしょうか?

ひと口に「住み込み」といっても、工場の期間工や観光リゾート地での勤務などさまざまな仕事があります。

住み込みの仕事は稼げるからと求人を探していると「家族と長期間会えないのでは?」と不安に思われる方も多いでしょう。

実際それらの仕事によっては、家族と長期間会えないことも起こりえます。

そこで住み込みの労働は家族に会えるのか、期間工・リゾートバイトの場合について解説していきます。

>>【公式】期間工.jpで募集中の期間工をみてみる<<

住み込みの仕事とは?地元には戻れる?

住み込みの仕事といえば、観光地や工場での勤務のイメージが強いかもしれません。

実際には、下記のように多種多様な仕事があります。

  • 物流
  • 運送・配送
  • 介護
  • 飲食店
  • 建設関係

そして勤務地は大きく「市街地」と「地方」に分けられます。

市街地での住み込みの仕事といえば「パチンコ店」や「飲食店」などに多く、家賃が安くなるなどのメリットがありますが、基本的にはあまり通常の働き方と変わりません。

やはり住み込みというと、地方での工場やリゾート地がメインとなります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

工場の期間工の場合

まず「工場」ですが、自動車メーカーの期間工などが有名です。

他にも家具や電化製品の製造や、物流倉庫の仕分け作業などの仕事があります。メーカーや工場が直接雇用する場合と、派遣業者を通して仕事をする場合の2パターンです。

こういった工場での期間工のメリットは、まとまったお金が入るということが挙げられます。

業者を通じて雇用された場合、給料以外にも「祝い金」「赴任手当」「準備手当」などの手当、契約満了金などが含まれるため、トータルでかなりの金額になります。

そして収入に加えて「寮に住み込み」すると出費が大きく抑えられるため、かなりの金額を貯金に回せます。

大手自動車メーカーの期間工では「寮費無料」「水道光熱費無料」「基本家具備え付け」などが増えてきており、生活費を大幅に抑えられるからです。

工場の期間工は家族に会える?

また契約している半年の間に、盆や年末年始を挟む場合は「夏季休暇」「年末年始休暇」がある場合がほとんどです。

家族がいる場合はこういったタイミングで、地元に帰省する人もいます。派遣会社によっては「帰省手当」を支給してくれる場合もあるので、かかった交通費の領収書は捨てずに持っておきましょう。

勤務場所から地元までの距離にもよりますが、なかなかこういった長期休暇以外では地元に戻れないことが多くなっています。

例えば2交代や3交代で「昼勤→休日→夜勤」であると、かなり時間に余裕ができるので帰省できそうですが、なかなか慌ただしく、時間と交通費もかかることになるからです。

「寮費がかからない」「食堂を使えば食費もかからない」という理由で寮に住むことを希望する人もいますが、どのような場合でも住み込みで勤務できるわけではありません。

工場やメーカーによっても変わりますが「自宅から勤務場所まで50km以上離れていること」のように、入寮には条件がつく場合があります。

必然的にある程度勤務場所が遠くなるため、帰省にも時間とお金がかかるようになってしまいます。

リゾート・観光地の住み込みバイトの場合

北は北海道から南は沖縄まで山や海、高原、温泉地など、観光地では「繁忙期だけ人手が欲しい」というところが多くあります。

例えば夏であれば海、冬であればスキー場などが当てはまります。

工場勤務と仕事内容や雰囲気がまったく違うのが特徴です。なかには夏や冬のたびにリゾート地へ住み込みの仕事に出かける人もいます。

かなり大きな施設なら数十人規模で募集がかかる場合もありますが、小さい規模なら1~2人の募集の場合もあります。

リゾート・観光地の勤務のメリットとしては「寮費・水道光熱費無料」「食費無料」「施設の温泉などの利用が無料」「海やゲレンデなどの利用が可能」「楽しい雰囲気での接客」といったものが一般的です。

寮は完全に個人部屋の場合と、2~3人で相部屋という場合があります。相部屋の場合はどんな人が一緒なのかによって、過ごし方が大きく変わるかもしれません。

多くのところでは賄いが出たり、施設の食堂を利用できたりします。服装は施設のユニフォームを貸してくれるので、特別用意することはありません。

また海やゲレンデ、温泉施設などを利用できるのが目的で働きに行く人もいます。ゲレンデでは、リフトの回数券や無料券を配布してくれます。

観光地は「楽しく遊びに来ている」お客さんばかりのため、仕事自体の雰囲気が明るく仕事しやすいというのもメリットです。

海やゲレンデで指導できるインストラクターの資格があれば、大幅な給料アップが見込める場合もあります。

ただしほとんどの場合は掃除や後片付け、接客などの仕事がメインになるため特別な資格が必須なわけではありません。

リゾート・観光地の住み込みバイトの注意点

リゾート・観光地での住み込みバイトは、良いこと尽くめのように思えますが、いくつか注意点があるのも事実です。

リゾート・観光地での仕事は基本的に接客がメインなので、接客が苦手な人にはつらいというのがデメリットです。

陽気で明るい人が多い場所なので、接客が苦手だと余計に目立ってしまうかもしれません。

また仕事柄若い人が多いというのも特徴。年齢を重ねている人には、少しつらくなるかもしれません。

また工場の期間工で多い「6カ月契約」のような、長期契約がほとんどないのも特徴です。

海であれば夏、スキー場であれば冬の繁忙期だけの募集となるのがほとんどなので、たいていは1~2カ月の短期間での契約となります。

「長期的に同じ場所で勤務してまとまった金額を稼ぎたい」という人には不向きでしょう。

中には「年末年始だけ」「GWだけ」というような、1~2週間の契約の場合もあります。

リゾート・観光地の住み込みバイトは家族に会える?

帰省に関しては、あまり行わない人が多いようです。

工場の期間工はと違い、リゾート・観光地の仕事は「北海道」や「沖縄」などかなり遠方での勤務になる場合がほとんどです。

勤務地と地元の距離が遠いと、かなりの長期休暇でなければ帰省は難しくなるでしょう。

しかし先ほども述べたようにリゾート・観光地の仕事は、1~2カ月の契約が多いものです。

長期休暇はもちろんなく、そもそも短期間であれば帰省しなくても大丈夫という人が多くなっています。

勤務地近くの人でない限りは、ほとんどが帰省せずに働くケースが多いでしょう。

まとめ

単純に住み込み労働といっても、色々な種類があります。

長期間の住み込みとなると、家族に会えるのかと不安に思われる方もいらっしゃるでしょう。

しかし「帰省するかどうか」は勤務場所、長期休暇の有無、契約期間などによって大きく左右されます。

特に契約期間が短い仕事や独身の人は、時間とお金をかけて帰省するというメリットがあまりないために「帰省しない」という人が多いでしょう。

逆に家族がいて契約期間が数年に及ぶような人は、長期休暇などを利用して帰省しているケースが多いようです。

「家族が居るから住み込みでの仕事は不安」という方は、契約期間が長く長期休暇のある期間工の仕事がおすすめです。

>>【公式】期間工.jpで募集中の期間工をみてみる