期間工の働き方

バイクを作る工場勤務の仕事は見かけない|車と違って海外生産が多い?

バイク 工場勤務

「期間工」と言えば「自動車」と言うイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。実際にトヨタや日産など大手の自動車メーカーに関連する期間工の雇用は多く、一般的でもあります。

しかし「バイク」の工場期間工の仕事は自動車ほど見かけることがありません。

海外生産が多く、日本では製造していないのでしょうか?それとも実際には仕事はあるものの見つけることができていないだけなのでしょうか?

「バイクを作る工場勤務の仕事は見かけない」のはなぜなのか、上記2点について詳しく見ていきます。

1.バイクの生産場所は?

日本を代表するバイクメーカーである「ホンダ」「ヤマハ」「スズキ」「カワサキ」は近年「世界戦略車」という似たような戦略をとっています。

この言葉だけを聞くとよくわかりませんが、要は「販売地域ごとの法規制や諸事情などに合わせて細かい部分は変更するものの、基本的なデザインや性能は同じである」というバイクを製造するということです。

例えば「国産モデル」として日本国内で発表されているものがあります。日本で製造されたものだと思いがちですが、実際には全体の約半分の国産モデルは海外で製造されたものです。

以前はその地域で製造されたバイクは、そのエリアで販売されるのが普通でした。

国の風土や法律に合わせたバイクを開発し、その国で製造・販売することで「その国にフィットした」バイクを売っていたのです。こうすればその地域の人には喜ばれ、輸送費などの諸費用もかかりません。

しかし、それぞれの地域で開発拠点を設置して人員を配置し、開発・製造するのは非常にコストがかかります。

その結果どうしても販売価格が高くなったり、利益率が悪くなったりします。

そこで幅広い地域で販売されるようなモデルを開発して製造することで、できる限り開発コストを抑える方法がとられるようになったのです。

これが「世界戦略車」と言われています。

現在製造されているバイクは、日本で採択された「平成28年・排出ガス規制」に合わせられています。

この基準はこれよりも前にヨーロッパで採択された排出ガス規制である「ユーロ4」の基準に合わせたものです。基準値をヨーロッパの一番厳しい排ガス規制に合わせて製造していくことで、後の大幅な仕様変更を行わなくても良いようにしているのです。

もちろん細かい部分は調整されます。国ごとの安全基準に従ったライトの大きさや、土の上を走ることが多いのか、石畳の上を走るのか、アスファルトの上を走るのかによってホイールやタイヤも変更されます。

「日本車モデル」と聞くとてっきり国産のように感じるため、かなりの数が海外生産だというのは意外に思われるかもしれません。

例えばどういったバイクがあるのでしょうか。

具体的には最近人気の「カワサキZ650」や「ホンダレブル500」は、タイの工場で製造されたものを日本に輸出しています。

近年では環境破壊などに配慮して小排気量のバイクが多く生産されるようになってきていますが、こういった国産モデルも東南アジアなどで製造されることが多くなってきているのです。

2.日本での製造回帰へ

海外生産の流れも変わりつつあり、大手メーカーであるホンダが「国内回帰」を2016年に発表しました。

2000年代に自動車やバイクをはじめあらゆる製造業が、人件費や土地代の安い中国や東南アジアに生産拠点を移動。現地の安い労働力を使って製造コストを抑え、安い値段で商品を販売するシステムができました。

ただ、このシステムは数十年が経つと限界が近づいてきます。

日本や欧米諸国が中国や東南アジアに広大な敷地の工場を乱立させたことで、付近の土地の価格が急上昇しました。

そして製造システムを学んだ中国などが自国の工場を作って、同じような商品を安い値段で作るようになっていったのです。これによって中国のGNPは急激に上がり、上海のような海沿いの大都市は一大工場地帯となっています。

またこうして工場地域化が進んでいくと、物価も上昇して人件費も上がっていきます。

日本国内と比べればまだまだ低いのですが、以前ほど格安の人件費ではなくなってきているのが現状です。土地代と人件費が高騰したことによって、海外生産のメリットは一気になくなったのです。

さらに税金や輸送費の問題もあります。中国で製造した製品を日本に運ぶということは、日本から見ると「輸入」になるため当然関税がかかってきます。

またバイクなどの大型製品は、輸送費も非常に高いものになります。追い打ちをかけるように円安が続いており、海外生産するメリットは完全になくなってきたのです。

こうした流れを受けて、日本でバイクを作るようになってきました。一気に全部というわけではありませんが、少しずつ戻ってきています。

しかし自動車ほどバイクの製造拠点を耳にしません。それもそのはずでバイクの生産拠点は、かなり場所が限られています。

ホンダのバイクが国内生産へ

まず大きく動いたホンダは、半分以上の生産を日本国内に戻すとしました。

それまで全体の90%以上の50㏄の原付バイクを、中国や東南アジアで製造していたため大きな変化です。

2011年に中国へと生産拠点を移した「ジョルノ」をフルモデルチェンジと共に日本国内での製造に切り替え、ベトナムで製造していた「ダンク」「タクト」などの原付バイクも日本国内に戻しています。

またエンジンなど全ての部品が完全国内生産というわけではなく、部品によっては海外生産しているものもありますが、そもそも50ccの原付バイクを販売しているのは「日本のみ」という事情があります。

こうしたことから、製造した国で販売するのは自然な流れです。

原付バイクは販売価格も安いため、爆発的な利益をいきなり生み出すわけではありません。これからの戦略が期待されるところです。

ホンダのバイクは一部熊本製作所で作られている

原付バイクを筆頭に国内でバイクが製造されるのが、国内の二輪車最大の生産拠点である「熊本製作所」です。

熊本製作所は日本の二輪製造の星として期待され、2008年に完成しました。

完成当初は「年間生産能力50万台」をうたっており、バイク業界の期待を一身に受けていました。

しかしバイクの需要減少が大きく響いて、5年後の2013年にはその生産能力は16万台にまで減少していました。

国内に原付バイクの生産拠点を戻すのも、若者のバイク離れが関係しているのです。原付バイクの生産を行うために、15万台前後まで落ちていた生産能力を復活させる計画を発表しています。

しかし実際にはこの工場で生産しているバイクの全てが、国内向けということではありません。

全体の8割ほどは海外向けの製品。利益率が高い中型や大型のバイクで、主にヨーロッパなどに輸出されているものです。

特に大きな期待を背負って製造されたのが「アフリカツイン」という大型のツーリングバイクで、ヨーロッパで先行発売されました。

1988年に初代が販売されたこのバイクは、高い耐久性と操作性が評価され、高い人気を得ていました。

ヨーロッパでの先行発売ではスタンダードモデルが12,000ユーロで販売され、ここで実績を作って日本国内でも販売開始。ヨーロッパのモデルとは若干仕様が変わっており、値段も130万~140万円ほどの価格で販売されています。

3.熊本製作所で働くには?

ホンダの国内事業所の中でも、最も広い敷地面積と素晴らしい自然環境を持つ工場です。

熊本製作所では以下3つのテーマを掲げ、より積極的な環境保全対策と省エネルギー対策を実施し、地元に密着した安全型の製造拠点となっています。

  • 「元から出さない」
  • 「貴重な資源の有効活用」
  • 「適切な処理」

ここでは多くの二輪車が製造されており、エンジンや各部品の生産加工から組み立てまでを一貫して行うラインもあります。

主要製品としては、以下のようなものがあります。

  • 「ゴールドウイング」
  • 「CRF1000 Africa Twin」
  • 「CB1100」
  • 「CBR1000RR」
  • 「レブル500」
  • 「CRF450R」
  • 「CBR250RR」
  • 「スーパーカブ」
  • 「モンパルML200」

もちろん「工場期間工」も募集しています。

ただし工場がかなり山の中にあるため、交通の便が悪いのが難点です。寮からもかなり距離があるため、自分で車やバイクを持ち込む必要があります。

また契約期間が3か月単位のため、契約満了金や契約更新などには注意しておきましょう。

その他は、一般的な工場勤務の期間工と大きな違いはありません。

熊本製作所を選ぶ基準としては「バイクが好き」「バイクの製造に関わりたい」ということが最優先されるでしょう。

熊本製作所の基本要項

住所:熊本県菊池郡大津町平川1500

  • 阿蘇熊本空港より車で20分
  • 豊肥本線「JR肥後大津駅」より車で10分

連絡先:096-293-1111

周辺環境

病院
  • セントラル病院(車で5分)
  • 日赤病院(車で20分)
  • 所内に健康管理センター

熊本城など観光名所も盛りだくさんです。

契約期間

基本入社日より3ヶ月の契約です。(但し生産の状況等に応じて最大で2年11ヶ月まで更新有り)

勤務時間
  • 【2交替】1勤:07:00~15:45、2勤:15:05~23:30
  • 【3交替】2交替制+3勤:23:20~翌06:40
資格・免許
  • 未経験歓迎
  • 職歴
  • 経験不問
  • 満年齢18歳以上の方(深夜勤務があるため)
  • 平常勤務、交替制勤務全てにおいて勤務可能な方

各種手当・福利厚生の紹介

生活立上準備金

一律20,000円(入社後連続10稼働日以上出勤者へ支給)

赴任手当

自宅から寮・社宅までの交通費が支給されます。

※規定あり、寮・もしくは社宅(レオパレス21)完備、寮費無料(社宅も同様)・電気/水道代無料・冷暖房完備・布団無料貸与・シーツ洗濯無料

※自宅通勤不可者については、当社規定に基づき入寮可能です。

※寮から徒歩通勤が困難なため、車両の持ち込みが必要です。

契約満了一時金

3ヶ月毎に支給※規定あり(規定出社日の90%以上出勤した場合。)

  • 3年で最大184万円支給
帰任手当

事務所または入寮先最寄り駅から、退職後住所までの交通費が支給されます。

※赴任旅費で支払った額が上限。

※入寮者でかつ、期間満了をもって退職する場合に支給。

作業服貸与
  • ロッカー
  • 帽子
  • 安全靴付与
  • 作業服(作業服の洗濯は無料)
社会保険
  • 労働保険
  • 雇用保険
  • 厚生年金
  • 健康保険

まとめ

バイクの製造拠点は海外ばかりというわけではなく、日本にも生産拠点はあります。今後国内の生産拠点が増えていくことも考えられるので、バイク製造の期間工の求人が全くないわけではありません。

しかし自動車に比べると、期間工の求人が少ないのは事実です。

自動車よりもバイクの製造に関わりたいという人は、ぜひ挑戦して欲しいおすすめの期間工と言えるでしょう。