MENU

DMM英会話を退会するには休会が必要?解約手続きや再入会の方法まで注意点などを徹底解説

DMM英会話はオンラインで英会話レッスンを受けられるサービスの1つです。24時間365日いつでも講師にマンツーマンレッスンをしてもらえるという点が非常に魅力的ですよね。

そんなDMM英会話ですが、「忙しくてなかなか受講する時間がつくれなかった」「もう十分英会話をマスターできた!」などの理由から、退会を検討している方もいらっしゃるかもしれません。

DMM英会話を解約する方法には「休会」と「退会」の2種類があります。今回はDMM英会話における休会と退会の違いや、休会と退会の詳しいやり方についてご説明していきます。

目次

DMM英会話の解約「休会」と「退会」の違い

休会は一時的に料金の支払いと受講をお休みすることです。休会中は料金を支払う必要がなく、再開したいときにはいつでも再開が可能です。

退会は、完全にDMMから脱退することを指します。アカウント情報なども全て抹消されるため、退会前に利用していたアカウントで再開することはできません。

英会話だけでなくDMMに関する情報や購入した商品、ポイントなどもすべて抹消されてしまうので注意しましょう。

DMM英会話の「休会」をすることでできること

「DMM英会話を解約したい」とお考えの方は、すぐに退会せずにまずは休会することをおすすめします。休会にはデメリットがほぼなく、退会にはないメリットがたくさんあるからです。

ここでは、休会することによってできることや休会のメリットについて解説しましょう。

DMMアカウントの情報をそのまま残しておける

休会はアカウント情報をそのまま残しておけるという点が大きなメリットです。DMMには英会話以外にもゲームや書籍、FXなどさまざまなサービスがありますよね。

DMM英会話から退会すると、既に購入した電子書籍などの商品や保有しているポイントも消滅してしまいます。そのため、退会には注意が必要です。

休会の場合は購入済の商品やポイントも残しておくことができるため、すぐに退会してしまうのではなくいったん休会をして検討することがおすすめです。

プランの有効期限まではレッスンの利用をすることが可能

休会手続き後もプランの有効期限まではレッスンの利用が可能です。

そもそもDMM英会話の料金形態は、利用料金を1か月分前払いすることによって、プランの有効期限までいつでもレッスンを受講することができるシステムになっています。

料金を前払いしているため、月の途中で休会したとしてもその月の有効期限まではサービスを利用することが可能です。

そのため、休会手続きを行ったからといって前払いした料金が無駄になることはないので安心してください。休会ではなく退会してしまった場合は、月の途中でもサービスが利用できなくなってしまうので要注意です。

DMM英会話を「休会」する際に知っておきたいこと・注意点

DMM英会話を解約する場合はすぐに退会してしまうのではなく、まずは休会することでたくさんのメリットがあることが分かりました。

休会にしておくとすぐに再入会できたり、他のDMMサービスの情報が消えずに残ったりするので非常にありがたいですよね。

この他にもDMM英会話を休会する際に知っておくべきことや注意点があるので、ひとつずつご紹介していきます。

休会中もプラスレッスンチケットの有効期限はカウントされる

DMM英会話には「プラスレッスンチケット」というものがあります。こちらはサービスを購入したり、お友達紹介をしたりすることで手に入れることができるアイテムで、こちらのチケットを利用することでレッスンをプラスして受講することが可能です。

このプラスレッスンチケットには30日間の有効期限が設けられています。そのため、チケットが余っている状態で休会してしまうと休会中に有効期限が切れてしまい利用できなくなった…という可能性があるので注意しましょう。

プラスレッスンチケットをお持ちで休会を考えている方は、早めに使い切ってしまうことがおすすめです。

休会手続きをするタイミング

休会手続きをするタイミングにも注意が必要です。休会手続きを行うタイミングによっては、ご自身の希望する月で休会できなくなってしまう場合もあります。

DMM英会話は、支払日に基づいてプランの有効期限が定められています。例えば毎月15日にお支払いを行っている方であれば、プランの有効期限は当月15日~翌月14日です。

プランの有効期限日までに休会手続きを完了すれば翌月からの支払いがストップとなるので、余分なお金を払わなくても済みます。上記の毎月15日にお支払いするプランの場合だと、14日までに休会手続きをすることで翌月からの支払いが必要なくなります。

ちなみに、予約中のレッスンがある場合は休会手続きができません。

実際に予約中のレッスンがある状態で、トップページから「料金プラン」をクリックすると「予約中のレッスンがあるため、プラン変更ができません。予約したレッスンの終了時に変更をお願いします。」というメッセージが表示されます。

したがって、休会手続きを行うタイミングは、休会前最後のレッスンが終了した後がベストです。

休会中に料金を支払う必要はない

休会中は英会話レッスンを受けられないので、もちろん料金を支払う必要もありません。

「長期留学によって一定期間お休みしたい」「いったんお休みするけどまた再開する可能性がある」などの場合でも安心です。

また、休会の期限等も設けられていないので、勝手に再開して料金がかかってしまうなどといったリスクもありません。

出張や旅行の時などの一時的な休会はできない

DMM英会話は月額制のサービスなので、出張や旅行などによる短期間の休会はできません

月に1度もサービスを利用しない場合であれば休会することをおすすめしますが、1~2週間程度利用しないのであれば休会はしないでおきましょう。

ある程度長期の出張やご旅行がある場合は、ご自身の予定を確認してレッスンの予定を組むことがおすすめです。

休会中に「iknow!」のアプリで無料で使うことはできない

「iKnow!」は英語学習アプリで、単語学習やTOEIC対策などがこれ一つでできるという便利なアプリです。通常は利用料金がかかりますが、DMM英会話の有料会員になると無料で利用できるようになります。

ただし、「iKnow!」アプリが無料で利用できるのはDMM英会話有料会員の特典なので、DMM英会話自体を休会すると無料で利用できなくなるため注意が必要です。

休会後も「iKnow!」アプリは利用し続けたい場合は、料金を別で支払う必要があるので覚えておきましょう。

休会手続きのキャンセルはプランの有効期限まで可能

「一度休会手続きを行ったけど、やっぱりキャンセルしてサービス利用を継続したい」ということもあるかもしれません。

そういった場合でも、プランの有効期限内であれば休会手続きのキャンセルが可能です。

反対に月ごとの支払日を過ぎてからの休会手続き申し込みはできないので、休会する可能性がある場合はひとまず手続きをしておいて、気持ちが変わったらキャンセルする方法のほうがよいかもしれません。

休会後に再入会する際に引き継げる情報

休会は退会と違って会員情報が抹消されないので、再入会後も情報を引き継ぐことが可能です。ここでは、休会後に再入会する際に引き継ぎができる情報について解説しましょう。

ランク(英会話時間合計)

DMM英会話には、英会話レッスンの合計時間に応じてランク分けされるという制度があります。

このランクは再入会後も以前の情報が引き継がれます。そのため一からリスタートではなく、気持ちの面でもやる気を引き継ぐことができます。

お気に入り講師一覧

DMM英会話には、お気に入り講師を登録できる制度があります。お気に入り講師を登録しておくことで自分に合った先生を探しやすくなるため、非常に便利ですよね。

こういったお気に入り講師一覧の情報も、再入会後に引き継ぐことができます。

レッスン履歴

以前受講したレッスンの履歴も、再入会後に引き継ぎが可能です。レッスン履歴は現在まで受講したレッスンの振り返りをする際に必要なので、こちらの情報も引き継いでくれるのは非常にありがたいですね。

レッスンノート

レッスンノートもレッスン履歴と同じく、学習の振り返りを行う際に最も大切な機能のひとつです。

レッスンノートは講師からのコメントを閲覧したり、次回レッスン時に役立てられるフレーズや単語を復習したりすることが可能です。

こちらもレッスン履歴と併せて、再入会後も情報を引き継ぐことができます。

単語一覧

「単語一覧」の機能は、レッスンで学習した英単語を全て確認することができます。ご自身で入力・登録を行ってもらう必要がありますが、登録作業を行う際にも復習になるので非常に使える機能です。

こちらも再入会後も情報を引き継ぐことが可能ですので、得た単語の知識がリセットされてしまうという心配がありません。

メダルコレクション

メダルコレクションとは、DMM英会話のレッスンをしてくれた講師の国籍を表す国旗メダルをコレクションできるというシステムです。

さまざまな国籍の講師がいますので、「この国の講師とコミュニケーションを取った・レッスンを受けた」という証明になります。

このメダルコレクションも引き継ぐことができるので、再開後もモチベーションアップにつながるのではないでしょうか。

お問い合わせ内容

DMM英会話に対してお問い合わせを行ったことがある場合、こちらの内容も引き継ぐことができます。

以前お問い合わせを行った内容でも忘れてしまうこともあると思いますので、再入会後も内容を確認することができるのは便利ですね。

ニックネーム

本名を知られたくない方や、講師の呼びやすいようにニックネームを設定している方も多いのではないでしょうか。こちらのニックネームも引継ぎが可能です。

Skype名

ニックネームと同様、Skype名の引継ぎも可能です。そのため、再入会したからといって設定し直す必要がないので便利です。

メールアドレスなどの個人情報

メールアドレス、お支払い情報、住所などの個人情報も引き継がれます。こういった情報を再入力する手間もかからないので、気軽に再入会することができます。

DMM英会話を利用しないなら「退会」の手続き

「今後一切DMM英会話を利用する可能性がない」「英会話以外のDMMが運営するサービスも利用しない」という場合は、退会手続きを行うことも可能です。

先述した通り休会には多くのメリットがありますが、「それでも退会したい」という方に向けて、DMM英会話から完全に退会する際の手続きをご紹介します。

「退会」はDMMアカウント情報を全て削除

退会すると、DMMアカウントに登録されている情報が全て削除されます。そのため、先ほどご紹介した「個人情報」「レッスン情報」などの休会で引き継がれる情報なども、退会の場合は全て削除されます。

プラスレッスンチケットは退会が完了した時点で失効

休会の場合は休会中でもプラスレッスンチケットを利用することができますが、退会の場合は手続きが完了した時点でチケットが失効となります。

そのため、大会後は完全にすべてのサービスを受けることができなくなります。

DMM英会話に再入会しても以前使っていたSkype名を使用できない

一度退会した後、万が一「再入会したい」となった場合、以前利用していたSkype名をそのまま利用することはできません。そのため、完全に別のアカウントとして再開することとなります。

退会すると英会話以外のDMMのサービスも利用できない

退会すると、DMMに関するすべてのアカウント情報が削除されます。そのため、「英会話だけ退会する」ということはできませんので覚えておきましょう。

DMMで購入した商品やDMMポイントも利用できない

DMMを通じて購入した書籍などは、DMMアカウントを削除した時点で利用・閲覧ができなくなります。また、貯まっていたDMMポイントも抹消されるため、ポイントは全て使い切ってから退会しましょう。

DMMサービスを継続して使う方・使う可能性がある方は「休会」にしよう

DMMサービスを継続して利用する可能性がある方は休会を選択しましょう。休会に期限はありませんので、何年でも休会し続けることができます。

DMM英会話を休会・退会する方法

休会、退会とも手続き自体は非常に簡単です。どちらもマイページから手続きを行うことができますが、退会の場合は少し手続きが長くなります。

休会する手順

まずは休会する手順をご紹介します。

マイページを開いたら、左側のメニューから「登録情報変更」をクリックしましょう。ページが切り替わったら、下の方までスクロールすると「休会する」のボタンがあるのでこちらをクリックします。

「休会アンケート」というページが表示されるので、こちらを記入して「休会する」ボタンを押したら完了です。

退会する手順

続いて退会手続きです。

DMMアカウントのアイコンをクリックし、「DMMアカウント情報」のボタンを押します。アカウント情報のページをいちばん下までスクロールし、「退会する」のボタンをクリックしましょう。

ページが変わったら大会に関する注意事項が表示されるので、それらを確認したら「同意する」にチェックを入れて「退会を進める」ボタンをクリックします。すると退会ページに進むので、再度情報を確認したら「削除する」のボタンをクリックします。

任意のアンケートがあるので記入する場合は理由を記入し、「退会する」をクリックすると手続き完了です。

DMM英会話を再開したいなら「再入会」手続き

DMM英会話を再開したい場合は「再入会」の手続きを行います。再入会は支払い手続きを行うだけなので、非常に簡単に進めることができます。

ここでは、休会後に再入会する際の手順についてご紹介します。

DMMアカウントの情報は忘れない

再入会する場合は、DMMアカウントの入力が必要となります。そのため、DMMアカウント情報は忘れずに保存しておきましょう。

まずは以前利用していたDMMアカウント情報を入力し、ログインを行います。するとマイページが表示されるので、料金プランのページで再設定を行います。その後登録しているメールアドレスにメッセージが届いたら、再入会の手続きが完了します。

「再入会」は支払い手続きをするのみ

休会の場合はほとんどの情報が引き継がれているので、改めて情報を入力する手間はほとんどありません。基本的には月額の支払い手続きを行うのみで再入会が完了します。

気軽に休会、再入会をすることができ、再入会後はすぐにサービスを利用することが可能です。

DMM英会話で満足できなかった方におすすめのサービス

さまざまなサービスが充実しているDMM英会話ですが、「サービス内容が自分に合わなかった」「別のサービスを試してみたい」という方もいらっしゃるかもしれません。

ここではDMM英会話で満足できなかった方向けに、おすすめの英会話サービスをいくつかご紹介しましょう。

レアジョブ

まずご紹介するのは「レアジョブ」です。こちらは月額4,620円(税込)から利用でき、料金プランはDMM英会話と同じく毎日受講プランの他、回数制のプランも選択することが可能です。

毎日朝6時=深夜1時まで開講しており、予約は当日の5分前まで可能なので、スキマ時間にすぐレッスンを受講することもできます。

「毎日受講する時間がない」という方には回数制の利用がおすすめ。また、スキマ時間にレッスンを受講したいという方にもおすすめのサービスです。

EFイングリッシュ

「EFイングリッシュ」は、マンツーマンレッスンとグループレッスンの2種類のレッスンが受講できます。

また、オンライン教材もいつでも利用可能。これらすべてを含めて、月額8,910円(税込)で利用することができます。

マンツーマンの細やかな指導にプラスして世界各国の生徒とグループレッスンを受講したい方、オンライン教材によってスピーキング、リスニング、ライティング、リーディングをバランスよく学びたい方におすすめです。

Bizmates

「Bizmates」は、主にビジネスに必要な英会話プログラムを受講できるサービスです。目的に応じて4つのレッスンタイプ・教材から選択することが可能です。

また、さらに5つのレベルに分けられているので、自分自身のレベルに合ったランクを選択してスキルアップを図ることができます。

主にビジネスで利用する英会話を学びたい方、自分のスキルに合ったレベルでレッスンを受けたい方におすすめのサービスです。

ネイティブキャンプ

「ネイティブキャンプ」は、「基本的にレッスンの回数が無制限、24時間365日レッスンの受講が可能です。

また、「プレミアムプラン」に加入している方や7日間無料トライアルに登録している方の家族は、「ファミリープラン」としてお得に受講することもできます。

家族で英会話レッスンを受講したい方には特におすすめのサービスとなっています。

まとめ

今回は、DMM英会話の休会と退会について、おすすめの英会話サービスについてご紹介しました。

DMM英会話には休会と退会があり、それぞれできることがかなり異なります。休会は情報をそのまま残せておけたり、再入会の際にはほとんどの情報を引き継いだりすることが可能なので気軽に行うことができます。

一方、退会するとなるとさまざまな情報が抹消されてしまうので慎重に行うのがベターです。

また、DMM英会話のサービスに満足できなかった方は他にもさまざまな英会話サービスがあります。他の英会話サービスを探している方は、ぜひ今回ご紹介したサービスも検討してみてください。


参考:DMM英会話

目次
閉じる